調布駅徒歩6分、コンパクトプランが中心のリビオレゾンTHURSDAY調布。THURSDAYって?

今回の物件は京王線「調布」駅最寄りの「リビオレゾンTHURSDAY調布」。THURSDAY?木曜日?なぜ?と突っ込みを抑えきれない物件名ですが、物件ホームページによると木々と暮らす=THURSDAYとのこと。ごめんなさい、私にはよく分かりませんでした。

物件概要

事業主:日鉄興和不動産、リビタ
所在地:調布市調布ヶ丘1丁目
交 通:京王線「調布」駅徒歩6分
総戸数:50戸
面 積:30.09㎡~69.40㎡
間取り:1R~2LDK
竣 工:2021年5月下旬

立地の紹介

「調布」の街については以前の「パークホームズ調布ザ レジデンス」の記事で触れていますので割愛しますが、この物件は「調布」駅北口徒歩6分と比較的駅に近い立地です。

が、しかし、甲州街道沿いというなかなか厳しい立地でもあります。この付近の甲州街道は4車線道路なのですが、道幅が狭く歩道も狭い、そこに乗用車からトラック・バスと言った大型車までバンバン走っているので、かなりうるさいです。

南側の「甲州街道」越しに見た現地

物件の特徴

南向きと西向きの配棟ですが、前述の通り甲州街道沿いの立地で南向きの住戸は甲州街道に面しています。当然それなりの防音対策はしてあるかと思いますが、窓を開けたらかなりうるさいことは覚悟が必要です。

面積は30㎡程度から70㎡近くまでありますが、中心は30㎡台で基本的には単身者が主なターゲットとなる物件です。

共用スペースにはキッチンを備えたセカンドリビングを設け、友人や家族を呼んだり一人くつろいだり、勉強や仕事の場所として使えます。顔見知りになった入居者同士で利用するようになれば、さながらシェアハウスのような感じですね。

その他に、無人コンビニ、定額で家具を借りられるサブスクリプション、住人がシェアできるグッズを用意したシェア倉庫などがあります。

まとめ

すでに8月から販売が始まっており、坪単価は@345万円程度。立地条件を考慮すると正直高い!という印象ですが、コンパクトマンションなので高くなってしまうという部分はあります。

30㎡台が中心で、現状の調布駅最寄りでは唯一のコンパクトマンションと言える物件。甲州街道沿いという厳しい立地条件ですが、果たしてどのような売行きになるでしょうか。

スポンサーリンク
東京都下
スポンサーリンク
マンションよろず版