京王線「調布」駅注目の大規模物件、パークホームズ調布ザ レジデンス。

今回取り上げる物件は京王線「調布」駅最寄りの「パークホームズ調布ザ レジデンス」。「調布」駅と言えば近年駅と線路が地下化され、その跡地に新たな商業施設やシネコンなどが誕生し駅周辺の賑わいが増しています。

物件概要

事業主:三井不動産レジデンシャル
所在地:調布市小島町1丁目
交通:京王線「調布」駅徒歩6分
総戸数:162戸
面積:57.03㎡~74.86㎡
間取り:2LDK~3LDK
竣工:2022年2月下旬

立地の紹介

最寄駅の京王線「調布」駅からは、特急利用で「新宿」まで15分程度と良好な都心アクセスです。

駅周辺には調布パルコ、西友、東急ストアなど以前からある施設の他、成城石井・ビックカメラ・イオンシネマなどが入る「トリエ京王調布」が誕生し、直近では2019年にオーケーストアがオープンするなど街の魅力が増しています。

南側「旧甲州街道」越しに見た現地

現地は、昭和40年代前半頃までは醤油醸造所だった場所。敷地南側に交通量の多いバス通り「旧甲州街道」が面し、一部住戸では騒音が気になるところです。東側は甲州街道へと抜ける通りで歩道のない狭い通りですが、比較的交通量が多く、こちらも少し気になるところです。

物件の特徴

敷地は南北に長く東西が短いため、南向きの住戸は少なくなっており西向き・東向きが中心です。前述したとおり東側接道は歩道がなく、南側の旧甲州街道も歩道が狭いのですが、敷地の南側と東側をセットバックさせ、歩行者用のスペースを広げる敷地計画となっています。

建物は8階建てで決して高層ではないものの、各階にゴミステーションがあり便利です。ただ、もちろんそれを1階のごみ置き場まで運ぶ清掃要員が必要なわけで、管理費に影響しなければいいのですが。

その他に共用施設として、カーシェア、シェアサイクルがあります。また、提携する食配会社を利用すると、不在時には玄関先の食配スペースに留め置きしてもらうことができ、共働きや子育て世帯にはうれしいサービスとなっています。

北側から見た現地

まとめ

「調布」駅最寄りでは、北口7分の場所で総戸数305戸の「ブランズシティ調布」が@300万円超の坪単価で販売していますが、なかなか苦しい売行きのようです。「パークホームズ調布ザ レジデンス」の坪単価は@350万円?とかそれ以上?とか聞こえてきますが、そうなると「ブランズシティ」の売れ行きが良くなるかもしれません。

京王線では絶対的なアドバンテージを持つ特急停車駅で、比較的駅に近い徒歩6分は魅力ですが、住環境はとても気になるところ。さらに言われているような@350万円以上といった価格であれば、なかなか簡単に売れないかな~という感じです。

2014年に発売した駅南口のロータリーに面した「セントラルレジデンス調布ステーションコート」の坪単価が@340万円台で、当時は驚きの高値でしたが、今となっては買った人、大正解だったのではないでしょうか。

「調布」駅最寄りではその他にも、「リビオレゾンTHURSDAY調布」 「調布ザ・ハウス」 「ジオ調布」 「シティハウス調布」など多数の物件があり、さながら戦国時代に突入した感があります。

他の物件についても別途アップしますので、ご興味のある方はそちらも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
東京都下
スポンサーリンク
マンションよろず版