三鷹駅2分・武蔵野市アドレスのシティハウス武蔵野。好立地なのは間違いない、でもお高いんでしょう?

今回の物件はJR中央線「三鷹」駅の「シティハウス武蔵野」。東京都下の中央線では人気の高い駅のひとつです。

物件概要

事業主:住友不動産
所在地:武蔵野市中町1丁目
交 通:JR中央線「三鷹」駅徒歩2分
総戸数:162戸
面 積:40.01㎡~74.41㎡
間取り:1LDK~3LDK
竣 工:2022年11月中旬

立地の紹介

最寄りの「三鷹」駅は中央特快停車&中央総武各駅停車の始発駅です。各駅停車は地下鉄東西線に乗り入れる電車もあり、交通利便に優れた場所です。

現地は「三鷹」駅北口から徒歩2分の駅近立地ですが、物件名は「シティハウス武蔵野」。そう、三鷹駅2分なのに三鷹の”み”の字も入っていません。

ご存じの方も多いでしょうが、「三鷹」駅の北口は一部を除き武蔵野市アドレスで、この物件も武蔵野市中町1丁目。「うちは三鷹市じゃないのよ、武蔵野市なのよ」っていうアピールでしょうか?(笑)。北口のシンボル「武蔵野タワーズ」も武蔵野って謳ってますしね。やっぱり東京都下では武蔵野市は別格という評価なんでしょうね。

買い物利便は駅前なので問題なしという感じです。東急ストアが隣接していますし、武蔵野タワーズにオーケーストアもあります。

西側から見た現地、奥に見える2棟は武蔵野タワーズ

物件の特徴

物件公式サイトのトップページに掲載されている完成予想図は、パッと見タワーマンション?という印象ですね。実際には16階建てで、タワーではないですし、隣接して9階建ての棟も見えますが。

住戸内の設備仕様は、ディスポーザー・食洗機・天然石カウンターや、トイレの手洗いカウンター、バルコニーにミニシンクなどがあります。

そして、透明耐熱強化ガラスの採用。いいですね~。

マンション・戸建てに限らず一部の窓に、あるいは全部ということもあるかもしれませんが、網入りガラスが採用されていることがあります。これは消防法の規制によるものなのですが、このマンションでは網入りガラスを使わず、透明の耐熱強化ガラスを採用しています。もうすべてのマンションで採用して欲しいんですけどね~。

ただし、物件ホームページをよく見ると「一部住戸の一部開口部」との記載。これは、「すべての開口部の中で消防法の規制にかかる開口部」を指しているのか、「消防法の規制にかかる開口部のなかの一部の開口部」を指しているのか・・・。

南側から見た現地

まとめ

「三鷹」駅徒歩2分というだけで基本的には買っておいて間違いはない立地です。

とは言え、東京の西側エリアでは圧倒的な人気を誇るJR中央線、その中でも人気の高い「三鷹」ですから、お値段は非常に気になるところ。この物件は当然高値追求してくるでしょうし。

「三鷹」駅では、南口徒歩1分・ペデストリアンデッキ直結の「グレーシアタワー三鷹」が2018年に@440万円くらい(だったと思います)のすんごい高値で分譲され、好調な売れ行きでした。

「グレーシアタワー」は駅直結という強さがあった物件ですが、駅直結でない徒歩2分、そして武蔵野市アドレスのこの物件はどのような価格になるのか注目です。

スポンサーリンク
東京都下
スポンサーリンク
マンションよろず版