大規模土地区画整理進行中で街並み一変、「パークホームズ登戸」。

今回の物件は「パークホームズ登戸」。千葉の「のぶと」ではなく川崎の「のぼりと」です。

物件概要
事業主:三井不動産レジデンシャル
所在地:神奈川県川崎市多摩区登戸60街区
交 通:小田急線・JR南武線「登戸」駅徒歩5分、小田急線「向ヶ丘遊園」駅徒歩5分
総戸数:52戸
面 積:55.49㎡~82.15㎡
間取り:2LDK~4LDK
竣 工:2021年8月下旬

立地の紹介

現地は「登戸」「向ヶ丘遊園」の2駅から徒歩5分の駅近立地です。

周辺では大規模な土地区画整理事業が進行中で街の機能・景観の向上が期待されますが、現状ではまだあちこちが更地(と言っても今後建物が建っていきますが)です。

なにぶん更地が多いため、将来の街並みのイメージが難しいですが、まあ、悪くなることはない(はず)とここは前向き捉えましょう。

もうずいぶん昔のことですが、この周辺に友人が住んでいたため、個人的には結構頻繁に出没していた場所です。その頃と比べると丸っきりと言ったら言い過ぎですが、別の街といった感じです。駅からして違いますし。

現地まではフラットで歩きやすい道で、「登戸」「向ケ丘遊園」のいずれからもアプローチ上にスーパーがあり買い物も便利です。

物件の特徴

建物は南東向きと南西向きの2棟構成。物件ホームページに掲載されている完成予想図を見ると、高級住宅地の低層マンションのような雰囲気で(この物件は7階建てですが)、個人的には結構好きなデザインです。

室内空間は、リビング側・廊下側の両方がアウトフレームになっており、全てではないですが比較的すっきりとしています。

その他に「お!」と思ったのは、パウダールームにカウンター付きリネン庫のあるプラン。お風呂上りの着替えを置いたり、洗濯物をたたんだりと重宝しそうです。

まとめ

「登戸」は小田急線と南武線の乗換駅で交通利便もいいのですが、マンションの分譲が少なく投資用物件などを除けば過去10年で「登戸」最寄りは2物件くらいしか分譲されていません。

周辺の直近物件では「向ヶ丘遊園」のファミリー物件が@260万円程度の坪単価でしたが、「パークホームズ登戸」は定期借地権。はたしていくらで分譲されるでしょうか。

ランニングコストと価格のバランスにもよりますが、まずまずの物件だと思います。

ちなみに三井さん、近くにもう一カ所予定地があります。駅2~3分くらいで「パークホームズ登戸」よりもさらに駅に近い場所です。

ただ、南武線&踏切に面した場所なので、駅に近いとはいえ立地は今回の物件の方がいいです。

もう一カ所の予定地。南武線に隣接しています。