駅徒歩1分!もうその立地だけで充分と言えるプラウド瑞江。

今回の物件は都営新宿線「瑞江」駅の「プラウド瑞江」。駅徒歩1分の超駅近物件です。

物件概要

事業主:野村不動産
所在地:東京都江戸川区瑞江2丁目
交 通:都営新宿線「瑞江」駅徒歩1分
総戸数:99戸
面 積:38.09㎡~107.27㎡
間取り:1DK~4LDK
竣 工:2021年11月下旬

立地の紹介

「瑞江」駅、降り立ったのは10年振りくらいでしょうか。いや~、久しぶりです。思いのほか(失礼)駅で降りる人が多いな~という印象だったのですが、確認してみると城東エリアの都営新宿線の駅では「森下」「船堀」に次ぐ利用者の多い駅でした。

駅からのアプローチは・・・、などと説明の必要もないくらい近い徒歩1分。いや~、よくぞ残っていましたこの土地。

さすがに駅近だけあり、周辺はスーパー・ドラッグストアといった買い物施設から、居酒屋・パチンコ・カラオケといった住環境的にはありがたくないものもありますが、そこは駅1分。トレードオフということで許容範囲でしょうか。

物件公式サイトでも、これでもか!というくらい駅1分推ししてますし(笑)。駅1分ですが、地下鉄なので当然電車の騒音はありません。

物件の特徴

建物は地上15階建てで、全戸南東向き。低層階は一部を除き前面の建物にふさがれます。

間取り構成が1DK~4LDKと幅広いので、開放感が望めない低層階はコンパクト住戸中心になるのでしょうか?

いくつか公開されている間取りを見ると、バルコニー側はアウトフレームですが廊下側はしっかり柱型がでていますね。もう少し何とかして欲しかったところです。

まとめ

この物件の魅力はとにかく駅徒歩1分という立地です。設備仕様などの詳細は分かりませんが、住戸は全戸南東向きというのもうれしいポイント。

間取構成が幅広く、単身者からファミリーまで便利に暮らせる場所であることは間違いないです。ちなみに「住環境重視」という方は、駅徒歩7分で販売中の「バウス瑞江」という選択肢もありますが、いや~、やっぱり駅1分でしょう。

ちなみに「バウス瑞江」は坪単価@250万円程度、3LDKが4000万円台後半から購入可能。果たしてこの物件はどのくらい上回ってくるのでしょうか。

スポンサーリンク
東京23区
スポンサーリンク
マンションよろず版