駅徒歩2分、超駅近のコンパクト物件「リビオレゾン練馬中村橋ステーションプレミア」。

今回の物件は「リビオレゾン練馬中村橋ステーションプレミア」です。前回の「プラウド練馬中村橋マークス」に続いて「中村橋」物件です。しかし物件名長すぎです(笑)。

物件概要
事業主:日鉄興和不動産
所在地:東京都練馬区中村北4丁目
交 通:西武池袋線「中村橋」駅徒歩2分
総戸数:47戸(非分譲4戸含む)
面 積:29.80㎡~67.83㎡
間取り:1LDK・3LDK
竣 工:2022年2月下旬

立地の紹介

前回の「プラウド練馬中村橋マークス」よりもさらに近い「中村橋」駅徒歩2分の超駅近立地です。

南口を出て線路沿いというか駅の建物沿いに110mほど西に歩いた場所で北側にはすぐ線路の高架があります。

買い物利便は駅高架下のエミオ中村橋や西友、周辺商店街などが利用でき便利な場所です。

物件の特徴

間取りは1LDKと3LDKとなっていますが、コンパクトブランド「リビオレゾン」の名が付いていますので1LDK中心となるのでしょうか。

3LDKの間取りはけっこういいですね~。ウォールドアを採用し、シューズインクローゼットと洋室3部屋すべてにウォークインクローゼット。67.83㎡と決して広くない3LDKですが、収納の充実は見事です。

1LDKは・・・、洋室が3.5畳。う~ん、狭い。

まとめ

立地最優先!といった感じの物件でしょうか。利便性は間違いなくいいですが、開放感は(方位・階層にもよりますが)期待できません。

「リビオレゾン」とコンパクトブランドの割には3LDKの間取が魅力的で、前述したように1LDKの洋室が3.5畳。それは~・・・、という感じです。

まだ公開されていない他のタイプに期待しつつも、大差無いかな~、などと思ってしまいます。