「新宿」までわずか4分。超都心近接&駅近のリビオ東中野ヒルトップ。

今回の物件はJR中央総武線「東中野」駅最寄りの「リビオ東中野ヒルトップ」です。「東中野」はJRの他に都営大江戸線、さらに少し歩けば地下鉄東西線の「落合」駅も利用できる交通アクセスに優れた場所です。

物件概要

事業主:日鉄興和不動産、伊藤忠都市開発
所在地:中野区東中区1丁目
交 通:JR中央総武線、都営地下鉄大江戸線「東中野」駅徒歩3分
総戸数:136戸(販売対象外42戸含む)
面 積:26.79㎡~76.66㎡
間取り:1R~3LDK
竣 工:2022年1月下旬

立地の紹介

「東中野」駅からはJR線利用で「新宿」まで4分、その他に大江戸線利用で西新宿エリアや六本木方面にも直通可能で、都心アクセスが良好です。

商業施設は駅直結のアトレヴィ東中野を始め、サミットストア、ライフなどがありますが、何よりも「新宿」まで4分の場所なので「新宿」の商業施設を普段使いできるのも大きなメリットです。

駅からのアプローチは西口を出て、目の前にある山手通りをフラットアプローチで徒歩3分。歩道の幅も広いので歩きやすく快適、そして何より近い。やはり駅近物件はいいですね~と改めて感じます。

とはいえ山手通り沿いなので騒音は非常に気になるところ、なのですが、実際に現地に行ってみると想像したほどではなかったです。現地周辺の山手通りは中央分離帯を挟んで片側2車線の計4車線、両側の歩道も非常に広い道路です。道路幅が広いので、音が拡散されてしまうのかな~などと思ったりしましたが、この辺りの山手通りは低騒音舗装が施されているようで、その影響もあるのかもしれません。

とはいえ音の感じ方は個人差があるので、実際にこの物件を検討する方は現地でしっかりとご確認を。

物件の特徴

現地は以前「サンクス東中野」というマンションが建っていた場所で、今回はその建替え事業です。総戸数136戸のうち42戸が販売対象外なのは、もともと住んでいた方が所有する住戸があるためです。

敷地は東西にやや長くなっており、敷地の西側の山手通り側に19階建の高層棟、その前面に5階建の低層棟という2棟構成です。

現地から南東側に向かって土地が低くなっており、高層建築物も少ないため、中層階以上では西新宿のビル群が見渡せる良好な眺望が期待できます。ただ、一部の住戸は目の前をふさがれる懸念があるので、眺望・開放感重視の場合は中層階以上に検討住戸が限られます。

間取りは1R~3LDKまで幅広く、単身者からファミリーまで幅広く検討できる物件です。

まとめ

とにかく立地条件がいい物件です。「新宿」まで4分の「東中野」から徒歩3分、電車待ちの時間を考慮しなければ、マンションを出て7分で新宿です。新宿エリアに勤務していたら自転車通勤が可能な範囲です。

さらに住戸は限定されますが開放的な眺望。駅近物件にありがちな、雑然とした環境や周りの建物に囲まれた感じはなく、“高台感”を感じられる恵まれた立地条件です。

テレワークが増えている昨今では、以前ほど“職住近接”は重視されなくなっているのかもしれませんが、それでも(価格はさておき)非常に価値ある立地条件の物件だと思います。

スポンサーリンク
東京23区
スポンサーリンク
マンションよろず版