駅からはほどほどの徒歩7分、「アリオ北砂」まで徒歩3分で買い物利便は良好な「バウス西大島」。

今回の物件は、大規模な再開発の予定もある都営新宿線「西大島」駅最寄りの「バウス西大島」です。(再開発については別途記事にする予定です。)

物件概要

事業主:日本土地建物
所在地:東京都江東区北砂3丁目
交 通:都営新宿線「西大島」駅徒歩7分
総戸数:183戸
構 造・規模:鉄筋コンクリート造地上13階建
面 積:45.02㎡~80.21㎡
間取り:1LDK~3LDK
竣 工:2022年6月下旬

立地の紹介

最寄りの「西大島」駅からは、「東京」「大手町」は10分強、「新宿」「渋谷」も30分圏内で、都心アクセスは良好です。

駅からは明治通りを南下するアプローチで、近くはないけど遠くもない、という感じの徒歩7分です。

基本的に平坦なエリアなのでフラットアプローチ、と言いたいところですが小名木川を渡る開進橋のところだけややアップダウンありです。

現地は明治通りからは少し奥まった場所で、一部が小名木川に面しています。

小名木川越しに見た現地

商業施設は、「アリオ北砂」が徒歩3分と近いです。欲を言えば駅からのアプローチ上にあればベストでしたが。

ちなみに駅の近くのダイエーは店舗建替えのため2月末で閉店予定です。

物件の特徴

建物は小名木川に面した棟と西向きのL字型。小名木川に面しているなんて開放的~と思ったものの、あれ⁉北向きじゃん!う~ん残念。

西向きは駐車場などを挟んでマンションが建っているので開放感はあまり期待できないでしょう。

室内空間はウォールドアを採用していたり、収納が充実しており(ホームページに掲載されている限りですが)使い勝手がよさそうな間取です。

共用部にはコワーキング機能を設けた(Wi-Fi、カラープリンター、無人コンビニ、コーヒーマシーン)ワークラウンジや集会室兼キッズルーム、他に認可保育園が入る予定です。

まとめ

南北に長い敷地だとどうしても西向き中心or東向き中心にならざるを得ないのが残念ですよね~。

そうした敷地では一般的に、作れる範囲で南向きを設けて値段を高く設定するのですが、今回は小名木川の開放感に賭けて?北向きを作りましたね。

都心アクセスは良好、駅からはほどほどの距離、買い物はアリオが近くて便利、一部は川に面した開放感だけど大半は開放感の期待できない西向き。正直すごく魅力を感じるという立地ではないですが、あとは価格次第でしょうか。